プライバシーポリシー

本プライバシーポリシー(以下「本ポリシー」という)は、お客様が当社に提供し、お客様と当社との関係を当社が効果的に管理できるようにする情報および個人データを Top Japanese Casino Limitedが取り扱う方法の概要を説明します。

本ポリシーは、本ポリシーに関連し、または別のプライバシーポリシーを有しない当社のウェブサイト、アプリケーション、製品およびサービス(以下「当社のサービス」という)に適用されます。本プライバシーポリシーは、当社が収集するデータ、当該データを収集する理由、このデータを取り扱う方法、その個人データを共有する団体、当該データの収集、取扱いおよび共有に関するお客様の権利ならびにプライバシーおよびセキュリティに関するその他の関連事項に関して、お客様によりよく理解していただくことを目的としています。

お客様が提供する個人データまたは当社が既に保有している個人データは、本プライバシーポリシーに従い、本プライバシーポリシーに定められた方法で取り扱われます。いかなる情報も、Top Japanese Casinoのウェブサイト(以下「ウェブサイト」という)を通じ、またはTop Japanese Casinoが随時利用できるようにするその他の方法で提供されます。

本ポリシーを読むことにより、お客様は、お客様の個人データが本ポリシーに定められた方法で取り扱われることを理解し、承諾するものとします。このプライバシーポリシーの利用条件に同意しない場合は、ウェブサイトを使用せず、そうでなければ、お客様の個人データを提供しないでください。

本ポリシーにおけるTop Japanese Casino 、「当社」または「弊社」への言及は、データ管理者、すなわち、ウェブサイト topjapanesecasino.com の所有者であり、かつ、マルタ法人であって、登録番号をC 435388943とし、登録された住所を Towerstreet 22, Sliema, Malta に有すTop Japanese Casinoに関するものです。

本プライバシーポリシーで想定されていTop Japanese Casinoにより行われる個人データのすべての取扱いは、以下に従ってなされます。

– 個人データの取扱いと関連する自然人の保護に関する、及び、そのデータの自由な移転に関する、並びに、指令95/46/ECを廃止する欧州議会及び理事会の2016年4月27日の規則(EU)2016/679(一般データ保護規則)(以下「本規則」または「GDPR」という)。

以下、DPAとGDPRを総称して「データ保護法」といいます。

topjapanesecasinosは、個人データの取扱いの方法と目的を決定するため、適用されるデータ保護法に関して「データ管理者」として行為をなします。

定義

データ管理者

「データ管理者」とは、自然人または法人、公的機関、部局その他の組織であって、単独でまたは他の者と共同で、個人データの取扱いの目的および方法を決定する者を意味します。その取扱いの目的および方法が EU 法または加盟国の国内法によって決定される場合、管理者または管理者を指定するための特別の基準は、EU法または加盟国の国内法によって定めることができます。

データ処理者

「データ処理者」とは、管理者の代わりに個人データを取扱う自然人または法人、公的機関、部局その他の組織を意味します。

個人データ

「個人データ」とは、お客様を個別に識別する情報または識別されたもしくは識別可能な自然人に関する情報を意味します。

セキュリティ

topjapanesecasinosは、お客様の個人データを暗号化されたハードドライブにデジタル方式で保存します。

個人データ保護

当社が保有する個人情報は、業界最高水準のセキュリティプロセスおよびシステムにより保護されます。個人データを保護する当社の責任は、高品質および高水準の基準だけではなく、最適かつ最も効果的な法の適用を通じて果たされます。当社は、その取扱いがGDPRで確立された法的根拠に基づいて行う適法で正当な理由に基づいている場合に限り、個人データを取り扱うことができます。

正当な利益に基づく取扱い

正当な利益は、当社が個人データを取り扱う事業上または商業上の理由がある場合に存在するものです。かかる場合、当社は、お客様のすべての個人データおよび当該データの取扱方法を保護し、当該取扱いがお客様またはお客様の利益にとって不公正にならないようにすることを保証します。

当社が正当な利益に基づいてお客様の個人データを取り扱うことを決定した場合、当社は、お客様に対し、かかる決定、正当な利益の内容をお客様に通知し、当該取扱いに関するお客様の疑問や異議を申し立てることができるプロセスを提供します。取扱いの根拠がお客様の異議申立権に優位する場合、topjapanesecasinoは、取扱いを停止する義務を負いません。

お客様の同意に基づく取扱い

同意は、当社がお客様のデータを取り扱うことを許可され、または依拠することを義務付けられる唯一の根拠ではありません。外面的には明らかでない法的根拠(例えば法的義務の遵守または正当な利益)に依拠することができず、または依拠しないことを選択した場合、お客様の同意に基づいてのみ個人データを取り扱います。お客様の同意に基づいて当社が個人データを取り扱う場合、お客様は、以前にお客様自身が同意をなした方法と同じ方法で、いつでも同意を撤回する権利を有します。お客様が同意を撤回する権利を行使した場合、同意以外の法的根拠に基づいて、お客様の個人データを取り扱うことができるかどうか(または義務付けられているかどうか)を判断します。この場合、当社は、しかるべくお客様に通知します。お客様の同意の当該撤回は、お客様による同意撤回前に行われた取扱いの実施を無効にするものではありません。

同意に基づく取扱い

疑義を避けるため、当社が他の法的根拠(例えば当社の正当な利益)に依拠することができず、または依拠しないことを選択した限定的な場合、当社は、お客様の同意に基づいてお客様の個人データを取り扱うことになります。

当社がお客様の同意(当該同意は、当社が 推定したものではなく、 当社がお客様から明確かつ明白な方法で取得したものをいいます。)に基づいて取り扱う場合、お客様は、お客様が当社に同意をなした方法と同じ方法で、 いつでも同意を撤回する権利を有します

お客様がいつでも(書面により当社の住所または以下のメールアドレス宛に当社に連絡することにより)同意を撤回する権利を行使する場合、当社は、その段階で、 お客様の同意を必要とせずにお客様の個人データを取り扱うことができる権限を有する(または義務を負う)ことについて、お客様の個人データを取り扱うための他の法的根拠(当社が負う法的義務に基づくなど)が存在するかどうかを判断し、当該法的根拠が存在する場合には、しかるべくお客様に通知します。

当社が当該個人データをお客様に要求する場合、お客様は、いつでも拒否することができますが、当社が要求されたサービスを提供するために必要となるデータの提供をお客様が拒否した場合、当社は、当該サービスを必ずしもお客様に提供することができない可能性があります(特に同意が当社に利用可能な唯一の法的根拠である場合)。

なお、同意は、当社がお客様の個人データを取り扱うすることを許可する唯一の根拠ではありません。 上記の最後のセクションでは、特定の目的のためにお客様の個人データを取り扱う際に当社が依拠する様々な根拠を示しています。

COOKIE

お客様が当社サイトを訪問する際、当社は、Cookieおよび同様の技術を使用し、自動的に特定のカテゴリーに属する個人データを収集します。

このトラフィックデータは匿名で収集され、個人を特定するものではありません。Cookieとは何か、データを処理する方法と理由に関しての詳細情報につきましてはこちらのCookieポリシーをご覧ください。

その他の目的

当社は、損失を防止し、また、当社の正当な利益に従い、当社または他者の権利、プライバシー、安全性もしくは財産、または他人の権利を保護するため、個人情報を使用および保持することを要求される場合があります。

データ保持

正当な業務上または法的な目的で当社がデータを保持する必要がある場合、当社は、限られた期間データを保持します。当社は、当社のサービスが事故または悪意ある削除からの情報の保護を確実にするよう努めます。このため、お客様による何らかの削除と、当社の稼働中のシステムおよびバックアップシステムからのコピーの削除との間に遅延が生じる可能性があります。さらに情報が必要な場合は、 [email protected]までお問い合わせください。

第三者に対する個人データの正当な開示

本プライバシーポリシーに含まれるその他の事項を損なうことなく、お客様に関する個人データは、データ保護法またはその他の適用される法令に従い、開示が許可または要求されるEU/EEA域内外の正当な第三者と共有されることがあります。これらの正当な第三者には、topjapanesecasinos内組織、その他第三者ならびに法執行機関、共同会計監査機関、規制当局、関連当局およびデジタルマーケティングプロバイダーなどの組織が含まれる場合がありますが、これらに限定されません。また、当社は、お客様を当社に紹介した組織、お客様が当社に依頼し、もしくは当社がお客様のデータを共有することをお客様が許可した第三者、またはお客様が求める製品もしくはサービスを提供するために当社がお客様の個人データを共有しなければならないその他第三者との間で、当該個人データを共有することがあります。共有される個人データは、お客様が利用を選択した製品またはサービスによって異なります。

当該個人データがEEA(欧州経済地域)域外に移転される必要がある場合、当社は、必要かつ適切な保護措置がすべて講じられていることを確保します。また、当社の関連会社または子会社に含まれる他の会社およびビジネスパートナーまたは当社の事業を承継する者に個人情報を開示することがあります。EEA域外へのデータ移転方法は、以下に詳述されています。お客様の個人データは、(お客様の同意がない限り)マーケティング目的のために第三者と共有されることは決してありません。

他のカテゴリーに属する受信者との個人データの共有

関連するデータは、topjapanesecasinoのメンバーおよびスタッフ、topjapanesecasino内の他の組織(例えば法的義務の遵守のため)、ならびに本プライバシーポリシーに記載されている目的のいずれかに関する場合には欧州連合内で設立された関連会社または下請業者(本サイトを円滑に機能させ、またはお客様が必要とするサービスを促進する当社のサービスプロバイダーを含む)に対して、またはこれらの者との間で、必要に応じて(かつ、すべての場合においてデータ保護法に従って)開示または共有されます。個人情報は、お客様が当社に要求したサービスを提供するため、または他の合法的な理由(お客様の同意を必要としない正当な開示を含む)においてのみ、当社によって共有されます。

かかる正当な開示はデータ保護法に従って行われます。(例えば、当社のすべての処理者は、受領した情報を秘密に保持し、その従業員または人員にも同様の義務を負わせることを確保する厳格な義務を含み、当該データ保護法における要求に契約により拘束されます)。当該サービスプロバイダー(当社の処理者)は、他の多くの義務(特に、GDPR第28条の規定によるもの)によっても拘束されます。

お客様の個人データは、(お客様の同意がない限り)マーケティング目的のために第三者と共有されることは決してありません。

インターネット通信

インターネットを介して移転されたデータは、情報の送信者と受信者が同じ国に所在する場合でも、国境を越えて送信される可能性があることにご注意ください。当社は、欧州連合内地域よりもデータ保護のレベルが低い国を介して行われるお客様から当社への個人データ移転を含むがこれに限られない、当社による個人データ受信に先立つお客様または第三者による個人データに関連する作為または不作為に対して責任を負うものではなく、また、このことはその技術的手法(例えば、WhatsApp、Dropboxなど)を問いません。

さらに、マルタで効力を有する法律から明示的に当社に責任が生じる場合を除き、インターネット経由の転送中のお客様のデータのセキュリティについて、当社は一切の責任を負いません。

個人データの正確性

当社がお客様に関して保持する個人データを可能な限り最新かつ正確に保つため、あらゆる合理的な努力が尽くされます。お客様は、以下に説明する方法によって当社にお問い合わせいただくことで、当社がお客様について保持する情報をいつでも確認できます。お客様が誤りを発見した場合、当社は当該誤りを訂正し、必要に応じて削除します。適用されるデータ保護法に関するお客様の法的権利の詳細な一覧については、以下をご覧ください。

第三者サイトへのリンク

当社が提供する第三者ウェブサイトへのリンクは明確に表示されており、当社は、当該ウェブサイトのコンテンツ(適用されるプライバシーポリシーまたはあらゆる種類のデータの取扱いの実施を含む)について一切の責任を負いません(また、いかなる場合でも保証するものとみなされることはありません)。当社は、お客様に対して、当該第三者ウェブサイトのプライバシーポリシーを一読することを推奨します。

EEA域外へのデータ移転

お客様の個人データは、欧州委員会により、十分なレベルの保護を提供しているとみなされたEEA域外またはその他EEA以外の国(「 ホワイトリストカントリー」 ともいう。当該国の一覧は https://ec.europa.eu/info/law/law-topic/data-protection/data-transfers-outside-eu/adequacy-protection-personal-data-non-eu-countries_en を参照)に、お客様が当社に明示的に当該移転について同意した場合、お客様、topjapanesecasinoの間で契約を構成し、もしくは締結する必要がある場合、またはすべての法的義務もしくは責務を遵守し、これに従うために必要である場合に限り、移転されます。

EEA域外、topjapanesecasino内また、topjapanesecasinoのビジネスパートナーに個人データが移転される場合、当社は、EEA域内における保護と同じ保護が与えられ、かつ、EEA域内において適用される基準と同じ基準が適用されることを確保するため、すべての適切な保護措置を講じます。お客様は、以下に記載のアドレスに問い合わせることにより、当該保護措置の写しを受領する権利を有します。

EU標準的契約条項(EUモデル条項)を含む契約が用いられることとなり、当該条項は、個人データを受領する組織に対して、EEA域内で対象となる場合と同じ基準を用いることを要求しています。データが米国に移転され、データを受信する組織がプライバシーシールド(個人データ保護を保証するフレームワーク)に登録されている場合、欧州委員会によって承認されている保護と同じレベルの保護であるものとされます。

データ主体の権利

、topjapanesecasinoは、お客様がご自身の個人データに関していずれかの権利を行使することを選択した場合、可能な限り最善の方法で支援します。特定の場合、当社は、関連する権利を行使することについてのお客様の要求に応じる前に、お客様の身元を確認させていただくことがあります。

アクセス権

お客様は、当社がお客様に関する個人データを取り扱っているかどうかを尋ねる権利があり、この場合、お客様は、当該個人データおよび以下の情報にアクセスする権利を有します。

– 当社が保持する個人データ

– 取扱いの理由

– 当該個人データの開示先

– 当該個人データの予定保持期間(可能な場合)

– 海外移転の有無および当社が採用する当該個人データの保護措置

– お客様が有する権利

– 苦情を申し立てる方法

– お客様の個人情報の入手元

– 自動意思決定(プロファイリングを含む)の実施の有無および関連情報

訂正する権利

お客様は、お客様自身に関する不正確または不完全な個人データの訂正または完全なものとさせることを求める権利を有します。

消去

する権利(「忘れられる権利」)

お客様は、当社に対して、お客様自身の個人データを削除するよう求めることができ、当社は、以下のいずれかの場合に限り、不当に遅滞することなく、当該要求に応じます。

– 収集された目的のために個人情報を必要としなくなった場合

– お客様が同意を撤回した場合(当社がお客様の同意に基づき取り扱っている場合)であって、かつ、お客様の個人データを取り扱うことについてのその他の法的根拠が当社が有しない場合

– お客様が異議申立権(以下で説明する)を成功裏に行使した場合

– お客様の個人データが違法に取り扱われた場合

– 当社が対象となる法的義務が存する場合

– 児童の特定の権利に関して特別な事情が存する場合

いずれの場合においても、当社は、当社に課される法的義務を遵守するためにお客様の個人データの取扱いが必要である場合には、消去にかかるお客様の要求を遵守することについて法的に拘束されません。

取扱いを制限する権利

お客様は、当社に対して、お客様自身の個人データの取扱いの制限を求める権利を有します。ただし、お客様は、以下のいずれかの場合に限り、この権利を行使することができます。

– 当社がお客様の個人データの正確性を検証することを可能とする期間、お客様の個人データの正確性が争われている場合(上記のデータ訂正の権利を参照)

– 取扱いが違法であり、お客様がご自身の個人データの消去について異議がある場合

– 個人データが収集された目的のために当社はもはや個人データを必要としていないが、法的請求の定立、行使または防御のためにお客様が個人データを必要とする場合

– お客様が異議申立権を行使し、お客様の異議申立てに優位する当社の正当な根拠の検証が保留となっている場合

お客様がこの権利を成功裏に行使した場合、当社は、お客様の個人データを取り扱う立場を有するのみとなります。

– 当社がお客様の同意を得た場合

– 法的請求の定立、行使または防御の目的の場合

– 他の自然人または法人の権利の保護の目的の場合

– 重要な公共の利益の目的の場合

データポータビリティにかかる権利

お客様は、以前に当社に提供した個人データを、お客様に提供するよう求める権利を有します。当社は、当該データを、構造化され、一般的に使用される、機械で読み取り可能な形式で提供するか、または(技術的に可能な場合)他者の権利および自由に悪影響を与えない限り、当該データを他のデータ管理者に直接送信することができます。お客様は、以下の場合に限り、この権利を行使することができます。

– 取扱いがお客様の同意またはお客様との契約の履行に基づく場合

– 取扱いが自動化された方法で実行される場合

同意を撤回する権利

この権利の詳細については、上記の「同意に基づく取扱い」のセクションを参照してください。

取扱いについて異議を申し立てる権利

特定の場合において、お客様は、ご自身の個人データの取扱いに対して異議を申し立てる権利を有します。当社が以下のいずれかの目的に基づき、お客様の個人データを取り扱う場合に限られます。

– 公共の利益のためになされる任務の履行のために個人データの取扱いが必要となる場合

– 当社または第三者によって追求される正当な利益の目的において取扱いが必要となる場合

かかる要求においてお客様が申し立てた異議に優位し、かつ、取扱いの継続を要求する説得的かつ正当な根拠をデータ管理者が提示できなかった場合に限り、取扱いは停止されます。

お客様のデータがダイレクトマーケティングの目的で取り扱われている場合、お客様は、いつでも、ご自身の個人データの取扱いに異議を申し立てる権利を有します。

上記の場合を除き、いかなる場合においても、異議申立てに関するこの一般的権利は存しないものです。

苦情を申し立てる権利

お客様は、データ主体として、ご自身のいずれかの権利、topjapanesecasinoによって侵害されたと思料する場合、関連するデータ保護監督当局にいつでも苦情を申し立てることができます。マルタの所管の監督当局は、情報およびデータ保護コミッショナーのオフィス(Office of the Information and Data Protection Commissioner。以下「IDPC」という)です。

この権利にかかわらず、お客様が問題とお考えの事項について、IDPCに苦情を申し立てる前に、当社との間で問題の解決を試みていただけますよう、お願いいたします。

当該権利にかかわらず、topjapanesecasinoは、合理的に拒絶の決定を正当化することができる場合、当該要求を拒絶することができます。当該拒絶は、お客様が関連するデータ保護当局に苦情を申し立てることを禁止するものではありません。

会社情報

プライバシーに関する質問もしくはコメントがある場合、または個々の権利のいずれかの行使を希望する場合、当社のDPO([email protected])または上記の住所まで書面でお問い合わせください。