活忍犬 – 日本のトップカジノ

乾は2月に当局に逮捕され、窓越しに84歳の女性の家に侵入し、おそらく2.6百万円を盗んだ。

InuiはDead or Aliveフランチャイズと競合し、2005年にシンガポールで開催されたWorld Cyber​​ Games 2005で最優秀賞を受賞し、近隣の参加者である Wilson “Tetra ” Chia を勝ち取って15,000ドルを獲得しました 。 しかし、その時以来ずっと、Inuiは 彼が当局に知らせたので ビデオ ゲーム を しているお金を稼ぐのは難しいとわかりました 。

「私のビデオゲームの行動が衰退したことに伴い、私は生活費を支払うために[強盗]に切り替えた」と、乾は言った。

尋問中に、Inuiはまた過去3年間で約100の侵入を約束したことを告白しました

フランチャイズについては、Dead or Aliveは、2006年と2007年に、あと2年間WCGに戻りました。DOAは、FGCコミュニティではお気に入りのフランチャイズではありませんでした。

質問中に、彼は追加の比較可能な侵入の山に自白した、とTBSニュースが報じた(4月1日)。

2月のある日、33歳の仕事が認められなかった乾智之さんは、窓を叩いて84歳の女性の家にアクセスした。 それから彼は伝えられるところでは彼女が居住地から預かった現金で260万円を口にした。活忍犬

立川 市の 被告である被告は、「テレビゲームの終焉とともに、生活費を支払うために[強盗]に切り替えた」と 主張している。 彼は、過去30年間に約100件の同様の侵入を完了したと付け加えました。

次に、彼は 2006年と2007年の DoA 4選手権に 参加しませんでした 。最後に、デッドオアアライブシリーズのサポートは期限切れでしたが、Esportsセクター自体は爆発的でした。

33歳の元FGCの優勝者で、Esportsの有名人である「かつ つんけん 」乾は、最近日本で拘禁されています。 逮捕の主な理由は、東京で84歳の少女のアパートを侵略しながら23,000ドル以上を盗んだとされる。 彼が警察に尋問されたとき、智之は過去30年間に100以上の強盗を犯したと告白した。 Esportsの有名人からのこれらの強盗は間違いなくマイナーな料金ではありません。活忍犬

Esportsスーパースターは動機を明らかにしました – おそらく動機はDead or Aliveサービスが減少しているというゲームであり、彼は彼自身の生活費を支える必要がありました…様々な人々の家を強盗することから。

次に、彼は 2006年と2007年の DoA 4選手権に 参加しませんでした 。最後に、デッドオアアライブシリーズのサポートは期限切れでしたが、Esportsセクター自体は爆発的でした。

強盗Esportsの有名人

試合の最新作、Dead or Alive 6が3月1日に初演された。 これは、Esportsの有名人が老婦人の家に侵入してから数日後のことです。 今シーズン、コーエー テクモ は世界選手権で9万人の財団トロフィーを提供します。 時は変わり、参加者が自分のパフォーマンスを最適化することに注意を向け続けた場合、彼の文書は異なる可能性があります。 DoAの ようなゲームのための最高のトーナメントの中で、カプコンプロツアーは、 ストリートファイターのために2018年に賞金でおよそ680,000ドルを与えました!活忍犬

彼のしたことは間違っていますが、これは日本の問題を暗示しています。 Esportsの国からのプレーヤーのための長期的な安全性の重大な欠陥があります。 彼の賞金と経歴の後、彼は本当にあまり残っていません。 国の法律は、賞金のための無認可のコンテストは賭けとまったく同じかごであると主張しています。 これと、ビデオゲームから大量の現金を稼ぐことを困難にする規則は、確かに何人かの参加者の生活に影響を与えます。活忍犬